ブログ

  • 2020年07月20日ステンレス板曲げ・レーザー型切り

    厚み4ミリのステンレス板の曲げ、レーザー型切りの物件を受注しました。図面の寸法が非常に大型であったため、分割での製作となりました。

    角度違いの曲げ加工品は、お客様にて溶接でつなぎ合わせていき、台形のレーザー型切り品は両端を塞ぐように溶接するようです。用途としては大きな炉になるとお聞きしております。

    最終形態が大きな構造物になりだけあって、弊社で製作しました分割品でさえも、総重量、寸法(レーザー型切り品の長手で5m以上ありました。)共に大型の荷物になるため発送するにも路線便では運搬不可だったので、チャーター便での輸送となりました。

    後日お客様より溶接・組み立て後の写真を送っていただくことが出来ました、

    この画像では伝わりづらいですが、かなり大型です。上から3段目の画像にあります台形の全長5m以上のレーザー型切り品が側面にしっかり溶接されています。全貌は画像に納まりきっていませんが、いかに大きいかを少しでも感じていただければ嬉しいです。この構造物は大きな炉になるそうでして、今回のが上蓋として使われるようです。

TOP